防犯フィルムの効果って?


secom

防犯フィルムについても色々調べてみました。

最初にいいますと、効果のあるものは結構高いという印象で、素人が日曜大工で工事してもあまり効果は得られないかもしれません。一番重要なのは、防犯フィルムと飛散防止フィルムは全く違うと言う事です。間違っても防犯フィルムを買おうとして、飛散防止フィルムを買わないで下さい


防犯フィルムで肝心なのは以下の3点です。

1・泥棒は窓ガラスからどうやってはいってくるのか?
2・防犯フィルムは本当に防犯フィルムなのか?
3・元々のガラスの厚さがいくらぐらいなのか?


1・窓ガラスからどうやってはいってくるのか?


大きくは3つ「こじ破り」「焼き破り」「打ち破り」です。

「こじ破り」これは窓ガラスをドライバーなどの鋭利な物を利用して静かに割るといった手口です。
「焼き破り」読んで字のごとくガスバーナーで加熱して、その熱でガラスを割る物です。
「打ち破り」、パールとか堅いもので窓ガラスを打って割ります。

大きくするとこの3要素になりますが、もう一つここで注目なのは空き巣は侵入まで5分以内を目指してますので、侵入行為に対して5分以上かかるような防犯フィルムであればBestな防犯フィルムといえます。

madowari
↑こうやって鍵の空けられるという知識からか、ホームセンターで安価な防犯フィルムをクレセント錠のソバだけに貼ってる人もいるみたいですが、ほぼ効果はないと考えていいと思います。(打ち破りやこじ破りでで他の所を割られるので)基本はガラス一面に防犯フィルムを張る事です。


2・その防犯フィルムって本当に【防犯フィルム】なのか?


まず、最初に言えるのは一戸建ての場合、空き巣の窓からの侵入率は60%程度と玄関や勝手口に比べても圧倒的に高い場所であるといえます。ですので、「窓ガラスに防犯フィルムを張るのは効果がある!」とおかんがえだと思いますが、この防犯フィルムも本当にピンキリです。

例えばホームセンターにいけば、なるほど防犯フィルムなるものが売られてますが、調べてみると効果はかなり?(ハテナマーク)なるものが多いです。そもそも防犯フィルムでなく飛散防止フィルム(つまり、ガラスが割れたときにガラスが飛び散らないようにするフィルム)なものもあるようで、防犯フィルムとしてはかなり性能に?マークが付きます。

防犯フィルムは不動産用語で※【CPマーク】と呼ばれる基準があります

このマークのついた防犯フィルムなら…とお考えですが、ここにも問題があります。このCPマークは防犯フィルム単体で考えられるのでなく、窓ガラス全体として考えられます。

まず防犯フィルムの厚みですが、先に言った飛散防止フィルムは厚さが77ミクロンに対して、本当に割れない防犯フィルムの厚さの目安は327~567ミクロンといわれてます。つまり、飛散防止フィルムの約5倍の厚さが必要です。

この商品はホームセンターには、ほぼ置いてませんが、買うことはできます。商品はこちらです。

透明ガラス用防犯フィルム厚さ360ミクロン
3,600円(税込)

ガラス破り防止。お見舞保険付き。総厚360ミクロン。ハードコート処理済。貼るだけで防犯ガラスに。総厚360ミクロンの透明用防犯フイルムガラスに貼るだけで防犯ガラスになります。サイズはA3サイズで2枚入表面はスリ傷に強いハードコート処理済。抑止ステッカー2枚付万が一の場合のお見舞保険(1回につき一律2万円)を支給致します。施工用ヘラ1枚付。

≫透明ガラス用の360ミクロンの防犯フィルムはこちらから

凹凸ガラス用防犯フィルム厚さ660ミクロン
4,320円(税込)

窓からの侵入を防ぎ、ご家庭安心!貼るだけで防犯ガラスに!泥棒は、窓の中心付近のガラスを割り、クレセント錠を開けて侵入してきます。保険付で安心!お見舞い保険付きです。万一の場合一律2万円までをお支払いします。

≫凹凸ガラス用の660ミクロンの防犯フィルムはこちらから

100ミクロン以下の厚さので防犯フィルムと言ってるフィルムに比べればこちらの方がはるかに安心感があります。

3・元々のガラスの厚さがいくらぐらいなのか?


このCPマークを取得するためのガラスの厚さなのですが、通常のフロートガラス(厚さ5ミリ以上)に貼る事と、サッシにサブロック付きのクレセントと補助錠を2カ所取り付けるのが条件になってるのです。後者の「サッシにサブロック付きのクレセントと補助錠を2カ所取り付ける」これは大した敷居ではありませんが、

今の一般の住宅に取り付けられるの窓ガラスの厚さは3ミリ程度です。もうこの段階で条件がかわってきます。

という事は、優秀な防犯フィルムを買って、施工が上手くいっても、窓ガラスからの侵入が5分以上持つとお墨付きをもらえるCPマーク並みの防犯対策は、最初っからできないって事になります。

ただ、防犯フィルムを検討する場合には「最低350ミクロン以上は必要だ」という事を覚えておいてください。

透明ガラス用、ポリカーボネート素材の防犯フィルム厚さ500ミクロン
940×2000×0.5mm と大きなサイズです。
8,640円(税込)

素材は衝撃に一番強いポリカーボネート。またこの素材は紫外線をカットする効果も認められてます。泥棒による侵入経路の6割以上が窓ガラスを割り、クレセント錠を外して窓から侵入する手口です。ガラス破り犯の9割が5分以内に侵入できなければ諦めると言われています!防犯フィルムを貼る事でガラスの破壊にかかる時間を長くする事ができます!!
(商品紹介にはっきりと明示されているので、こちらの防犯ガラスも効果は高いと感じます。)

≫透明ガラス用の500ミクロンの防犯フィルムはこちらから

凹凸ガラス用、ポリカーボネート素材の防犯フィルム厚さ500ミクロン
5,657円(税込)


≫凹凸ガラス用の500ミクロンの防犯フィルムはこちらから



bouhan

>>防犯グッズのおすすめはこの3つ

>>玄関のここをチェックしてください


防犯フィルムだけでは効果は薄そうだとお考えの方
ホームセキュリティーも検討してみたい方

下記のサイトをおすすめいたします。

★近所で空き巣の噂があった。
★新居・引越し・結婚
★田舎の両親が心配

このサイトは大手のホームセキュリティ会社7社から無料で一括資料請求できるお得なサイトです。
secom


そんな方はこちらから一括資料請求してみてください。

≫大切な家族の安心のため、一番確かな方法の一つでセキュリティー会社を探す。

≫大手でも1800円台からのホームセキュリティーで家族の安心を!

※CPマークとは、防犯性能の高い建物部品につけられるマークのことです。CPとは、「CrimePrevention」の頭文字で、防犯を意味します。CPマークは、警察庁・国土交通省・経済産業省と民間関係団体で構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。