防犯グッズのおすすめ


secom
防犯グッズのおすすめをご紹介します。防犯グッズは何万種類ものものがあって、どれがいいのか?わけわからなくなりますよね。まずはお手軽な防犯グッズのおすすめは何か?

楽待(らくまち)のサイトより、防犯のエキスパート。元警察官である佐藤氏がの記事「失敗しない防犯設備・グッズ」から抜粋して、記載された防犯グッズの紹介とご予算1000円程度から予算に合わせ、お好みで選べる防犯グッズ商品を紹介したいと思います。

防犯グッズその1 【テレビのドアホン】

今はスタンダードになってる感じですが、録画機能がついているものなどもいいですね。ただ当たり前なのですが、泥棒や不審者はドアホンを押しません笑。訪問販売対策としては効果を発揮しますが防犯としては少しハテナマークです。ですので、もしドアホンを選ばれるなら安価なもので充分だと思います。

防犯グッズその2 【防犯カメラ】

防犯カメラ(ダミーカメラ)
防犯カメラのダミーカメラですが、効果としては「ないよりはマシ」程度とお考えください。もし相手が職業泥棒であれば防犯ダミーカメラはチェックしてるはずですから一発でバレると思います。ただ出来心的な犯罪の抑制には効果があるかもしれません。よく「乾電池で赤く光るので、本物のようで、ばれない」と謳ってる商品もありますが、結局その商品を泥棒が見てたら同じことです。もう一つ。防犯カメラのダミーのものは、カメラの部分にホコリが溜まらないのですぐばれるという欠点もあるようです。安価のものもありますから、気休めで必要ならご検討下さい。



防犯カメラ(本物)

防犯カメラを選ぶのであれば2つある目的を考えてからご購入下さい。こちらにもさまざまな機能が多種多用にあります。あとはお好みに合わせてお選びくださいませ
(1)密かに撮影するタイプ
後々の「証拠映像」として利用するタイプですので、カメラがわかりにくくなってます。
(2)いたずらや防犯の抑止目的で撮影するタイプ
こちらは抑止効果も兼ねてるので、明らかにカメラですよーとわかるタイプですね。ひとつだけ注意ですが、隣の家などから、「監視されてる!」とご近所トラブルにならないタイプを選ぶのがいいかと思います。
屋外用防犯カメラ 防滴型赤外線LED25万画素白黒【AVC-307RE】
価格:18,308円(税込、送料込)
赤外線LED12個搭載!!暗闇でも鮮明な映像。防滴型仕様なので玄関前や軒下の仕様に最適※防滴仕様とは、完全防水とは違い水中につけたり、水をかけ続けたりすると 故障の原因となります。屋外に設置する場合、軒下などに設置することをおすすめします。水滴・直射日光から本体を守るカバー付(取り外し可能)
詳細を見る
≫軒下仕様としては充分な効果のある防犯カメラで家族の安心を守ろう。


セレン≪赤外線投光器内蔵≫防水型屋外用カラーカメラ SEC-G730
価格:40,114円(税込)
赤外線での撮影が可能で夜間の不審な影もしっかりと映し出し、昼でも夜でもこの一台でしっかりとした映像を鮮明に記録するのでこれで証拠を叩きだす!
詳細を見る
≫家族の安心のために本格的なカメラをお探しなら赤外線LED+防水構造のタフなカメラを!

防犯グッズその3 【センサーライト】

赤外線タイプのものは猫などの小動物に反映してしまうのが欠点なのと、その点灯に家族が慣れてしまっては、不審者だったのに気づかない事があります。「ここで光ったら絶対怪しい!」と思う場所に設置してください。
マクサー LEDセンサーライト MSL-SOLED ソーラーパネルタイプ
参考価格5,378円(税込) 価格:2,880円(税込)
≫最大100Wなので明るくなり、お手頃な価格でまずは最初の防犯対策を!




センサーライトは本当に種類が豊富です。ご自身にあったものを選びましょう

こちらのサイトに様々なセンサーライトを初めとした防犯グッズが売られております。
≫センサーライトは、ソーラー型、LED、乾電池、ハロゲン、2灯式、無線式、人&音感知系、連動アラームなどほんとに多種多岐にわかれますので、こちらからお好みのモノを探して家族の安全に備えましょう!

防犯グッズその4 【防犯フィルム】

防犯フィルムの効果でも説明しておりますが、安物は効果がありませんし本来の窓厚も必要ですが、もし選ばれるなら、商品に「飛散防止」でなく「防犯防止」と記載されていて、厚さが350ミクロン以上のものを選びましょう。また窓用振動センサーと併用を強くおすすめしたいと思います。
透明ガラス用防犯フィルム厚さ360ミクロン
3,600円(税込)ガラス破り防止。お見舞保険付き。総厚360ミクロン。ハードコート処理済。貼るだけで防犯ガラスに。総厚360ミクロンの透明用防犯フイルムガラスに貼るだけで防犯ガラスになります。サイズはA3サイズで2枚入表面はスリ傷に強いハードコート処理済。抑止ステッカー2枚付万が一の場合のお見舞保険(1回につき一律2万円)を支給致します。施工用ヘラ1枚付。
凹凸ガラス用防犯フィルム厚さ660ミクロン
4,320円(税込)

窓からの侵入を防ぎ、ご家庭安心!貼るだけで防犯ガラスに!泥棒は、窓の中心付近のガラスを割り、クレセント錠を開けて侵入してきます。保険付で安心!お見舞い保険付きです。万一の場合一律2万円までをお支払いします。

防犯グッズその5 【開閉型と窓用振動センサー】

安価であり、両面テープで窓に簡単に取り付けられるので、お勧めします。例えば背面のに「警告」などの表記があれば、泥棒にとっては設置してるのがあきらかに分かるため費用対効果が高いと言えます。ポイントは外からスイッチの見えない商品を選んでください。
侵入警報!ガードマン
価格:108円(税込)とっても安価!窓が開いたら警報が鳴るように窓際に取り付けます。簡単設置で防犯効果アップ!
≫この金額。複数買っても問題なし。まずは簡単な対策として家の全窓にも付けれますね!




NLS 音嫌い3号 薄型 DS-SE-3T 振動検知
価格:1,162円(税込、送料別)

窓の開閉でなく、振動があれば作動するタイプのセンサーです。スリム設計で窓の引き違いに設置が可能です。
≫窓に外から異変があれば家族に教えてくれます。この振動センサーを利用してみよう

防犯グッズその6 【防犯砂利】

主に一戸建て対策かと思いますが、こちらも安価で効果の高いグッズです。泥棒は音にも警戒心を持っています。ポイントは、薄く浅く敷いてしまうと、あまり効果がありません。家の周り全部に敷き詰めるのでなく、窓周辺に厚めに敷くと効果的です。
アイリス防犯砂利 防犯防草のジャリ20L(ナチュラルグレー)
価格:1,419円(税込、送料込)
≫安価で実は効果の高い砂利を窓の周りに敷き詰めて、防犯対策しよう!





20Lからあるバリエーションの多い砂利は防犯対策だけでなくガーデニングでの庭のお手入れにも最適です
価格:1,188円〜(税込、送料込)
≫20L〜格安で販売!!家の死角になるところからガーデニングにも最適です!!

ここで紹介したグッズは「防犯グッズ」です。お勧めとすれば「窓用の振動センサー」「防犯砂利」「防犯フィルム」この3つが安価でおすすめで、最初の防犯対策としてはお手頃かもしれません。是非検討してみてください。

例えば、ご予算合計が5千円程度なら、窓用の振動センサータイプを複数個。1万円程度であれば、それに合わせて砂利を、2万程度であれば、それにプラスして部分的な防犯フィルムを、といったぐらいに、家のタイプやお好みに合わせて選んでみてくださいませ。

ポイントは泥棒に「この家防犯対策してるな!」とアピールする事です。

防犯意識も必要ですが、いざという時のために(実体験談)

121227_Refresh-thumb-640x360-49906 (1)
ついこの間の私の実体験をお話します。朝の7:00ぐらいだったか?突然「ガチャガチャガチャ」という音で驚いて起きたんです。音は玄関のドアノブを開けようとする音です。家族は全員寝室にいました。とにかくチャイムも何にもないんです。いきなりドアを開けようとするんですよ。信じられますか?その音で朝起きたんです。

すぐに家族に目をやってとっさに口に指あてて、「しー!」ってしました。静かにしてると、人の気配はなくなりました。もう心臓バクバクでした。玄関に近寄ると遠ざかる人の(男性?)足跡だけ聞こえました。そりゃー驚きましたよ。かなりびっくりしました。結局警察やどこにも連絡はしませんでしたし、それ以降は何もありません。(一体なんだったのか?未だにわかりません。)

この時に強く感じたんです。

ニュースを賑わす危険ドラッグやストーカーといった意味のわからない事件つまり「信じられないような凶悪な事件」からも、家族を守りたいのであれば、これらのグッズだけでは、最悪の事態の想定ができてないと思い、嫁とも相談した上で最近これを購入して、枕元に置いてます。

催涙スプレー ペッパーベアーメース80346 クマ撃退用・熊よけスプレー
価格: 9,748円(税込)

護身用!盾付き催涙スプレー

もちろんこんなもの使う日が来ないことを祈ってますが、今の世の中を考えると、こういった護身用の商品は絶対必要だと感じました。これは上記のような体験の無い方にはわからないかもしれませんが、たったの1万円程度のものですが催涙スプレーは離れた相手にも使えるので近く必要がない!!枕元に置いてることでの安心感は、とてもとても大きいです。

皆さんも是非!とは言いませんが、以前泥棒に入られた経験や上記のような怖い経験をした私だから言える事としては、「犯罪に会ってからじゃ遅い」と強く思うのです。皆さんもご自身のライフスタイルに合わせて防犯対策をしっかりしてくださいね!
こちらは【催涙スプレー】といった「イザ」という時の防犯グッズが色々売ってます。ご自身にも必要だと感じられたら、一度ご覧になってみてください。

とにかく、犯罪に会ってからでは遅いですよ。そのための防犯です

≫ここで、どれか一つご自身で使えそうな物を、イザという時のための準備として、大きな安心感を持っておいて下さい

防犯グッズだけでは心もとない方
ホームセキュリティーも選択肢のひとつにしたい方

下記のサイトをおすすめいたします。
このサイトは大手のホームセキュリティ会社7社から無料で一括資料請求できるお得なサイトです。
secom
★近所で空き巣の噂があった。
★新居・引越し・結婚
★田舎の両親が心配
★そろそろウチも本気でセキュリティーをとお考えの方

そんな方はこちらから一括資料請求してみてください。

≫大手警備会社でも1800円台からのホームセキュリティーで家族の安心を!
信頼できるセキュリティ会社を選んで
家族で「本当に安心」な暮らしを!
ga3
《コラム》
防犯対策としてはまず集合住宅や、マンションより一戸建て住宅が狙われやすいです。
私も以前はマンションでの生活をしてましたが、ここ最近になって夢の一戸建てを購入して様々な危険性が浮上してきました。まずマンション、集合住宅と一戸建てのとの違いでは一番大きな差は人の出入りの差が全然違うことです。マンションは一つの建物に何世帯もの人が住んでいますし、家と家の距離が全然違うのでドロボーが目をつけるのはやはり一戸建てが多いでしょう。それに比べて一戸建てはできる限り中の様子を見られたくないので大半の家は庭に木を立てたりして外からの視界を遮ったりしてます。でないとプライベートも何もあったもんじゃありませんからね。ドロボーからしてみれば中に侵入すると外からの目も気にせずゆっくりと家の中を物色できるので帰って都合がいいのかもしれません。泥棒は、必ず一度だけではなく何度も下見に来て、チェックするそうです!そこから目をつけた家にはいつの時間帯に留守にしがちなのか、というのを白昼堂々と訪問販売やセールスになりきってインターホンを押したり郵便や、ダイレクトメッセージから電話番号を入手しセールス電話を装って電話をかけどの時間帯が留守なのか確かめていきます。
以前からテレビや、メディアで取り上げられてます、マーキングも気をつけておかなければなりません。「女性の一人暮らしで○時〜○時まで留守」自分たちがわかるようにシールのマークや、チョークなどで印をつけていくのは泥棒達の常套手段になっています。それでは、泥棒達はどのような家を狙いどのように手口で侵入してくるのでしょうか。見通しが悪く、外からは見えない家は間違いなく泥棒達の格好の的になってくるでしょう。年々増える空き巣被害に遭わないために自分の家をよく観察し家の周りからの死角になっているば場所にはやはり防犯対策を練っておきましょう、最近では防犯グッズが多く発売されて居ますので防犯グッズは一通り目を通しておきましょう。値段も安くて1000円以下で購入できるものから高いものは20000円以上とかなりの種類の防犯グッズがあるので自分の予算にあったものを選んで購入しましょう、ですが泥棒達も防犯グッズを購入し対策を練っているのであまりにも安い防犯グッズを購入し、すぐ見破られないものを購入するのも大切です。防犯グッズで金額もリーズナブルでおすすめの商品はダーミカメラだったり、人感センサーのダミーの物がありますのでそういった物を家の周りの死角になるところに設置してるだけでも対策になります、なぜなら泥棒はそういった物や家の侵入に時間がかかってしまうとすぐに諦め、長居をしません、時間がかかる上に何も物色できず成果がないと意味がなくそこまでのリスクを犯してまで犯行に及ばないのです。なので人感センサーのダミーや精密にできているダミーカメラは時間勝負の泥棒達に取って時間稼ぎができる物になります。あとは家の周りに気をつけて歩いていてもどうしても音がしてしまうものを巻いておくだけでも防犯グッズとしての効果は得られます。そして砂利などはホームセンターにもあるので身近に手に入る防犯グッズではないでしょうか。
あとはお金もかからない防犯対策として家の近所の方達との結びつきや普段からコミュニケーションを取っておくことが大事です。それだけで防犯対策になるの?って思いますが、近所にお住いの方達はやはり普段と違う異変があったら、おかしいと思い通報をしてくれたりして、この上ない心強い味方になってくれます。仮に自分の近所に泥棒が入っていくのを目撃すると自分も警察に通報をしますよね?なので地域通しのつながりが強ければ強いほど防犯対策になります。それだけではなく挨拶をするだけで近所の人と認識し普段見ない、自分たちの住民ではない人が歩いていると違和感を感じますし、自分が見かけなくても普段近所の方とのコミュニケーションを取っているとそういった情報も入ってきて、防犯の対策を事前に行うことができます。