ホームセキュリティの仕組み


secom

ホームセキュリティを導入すれば、どういった防犯対策ができて、そしてどういうサービスがあるのか?ここれは一般的なサービスをご紹介していきます。

ホームセキュリティの一般的な仕組み



z1
一般的には、家の玄関や窓、庭に専用のセンサーを設置し、そのセンサーに異常が発生したら、拠点より警備員が駆け付けて、異常な原因を探るといったサービスになっており、家庭向けの防犯・安全保持しすてむであると言えます。

以前は大邸宅向けのサービスといったイメージが強くありましたが、最近の世相もあって一般の家庭でも広く普及しつつあるサービスです。


オプションとしてこんなサービスもあります。


火災通報サービス

z4ガスや電気の火災について監視し、異常があればすぐに駆けつけるサービスです。万が一の時にも安心です。
 
(※このサービスは標準サービスとしてつく所や、オプションでつく所があります。詳しくは資料請求後にご確認ください。)

異常通報サービス

z2ご高齢者や持病をお持ちの方などは、専用のセンサーを持ち運びする事で、異常が発生した場合に押すと健康に何かあった事が通知され、係員が駆けつけるサービスです。遠方の高齢なご両親が心配な方には最適なサービスです。
 
(※このサービスは標準サービスとしてつく所や、オプションでつく所があります。詳しくは資料請求後にご確認ください。)

異常通報サービス

z3センサーが反応した異常でなく「外で物音がする」「なにか怪しい人影が通って怖い」といった時に専用のセンサーを押すことで係員が駆けつけるサービスです。
 
(※このサービスは標準サービスとしてつく所や、オプションでつく所があります。詳しくは資料請求後にご確認ください。)

人が近づくと自動的に光るセンサーライト

z5センサーライトは玄関や裏口に設置して、人や物音に対して反応して自動的に点灯します。人通りが少ないところや、泥棒は明るい場所を嫌う事を考えてもかなり有効な事ですし、そもそも防犯意識が高い家だという事をわからしめることができます。
 
(※このサービスは標準サービスとしてつく所や、オプションでつく所があります。詳しくは資料請求後にご確認ください。)




ホームセキュリティ7社に一括で資料請求はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
secom

信頼できるセキュリティ会社を選んで
家族で「本当に安心」な暮らしを!
ga3